QRコードのアウトライン化

この記事は約3分で読めます。

 QRコードをアウトライン化しておけば、Illustrator等で使うときに、大きさや色を変えても劣化しないのでとても便利です。変換の仕方をちょいちょい忘れるので、忘れ内容のメモを作ってみました。
 Illustratorのバージョンは、[オブジェクト]メニューに[モザイクオブジェクトを作成]があれば、どのバージョンでも使えます。
 この機能があることを最近まで知りませんでした…。

QRコードを用意する

 まず、QRコードを用意しないと始まらないので、用意します。QRコード作成サイトやアプリなどで作成したものを準備します。
 極端に画像が荒れたり、変形していなければ構いません。

QR Code Editor

 いつも使っているのは、サイテックの QR Code Editor です。
 QRコードを作る以外にも、画面上のQRコードを読み取ることも出来て便利です。
  QR Code Editor ここからダウンロードできます。

  QR Code Editor でQRコードを作ったら、[編集]->[コピー]をします。
 [コピー]が選択できないときは、QRコードをクリックすると選択できるようになります。

Illustrator

Illustratorに貼り付け

 コピーしたら、Illustratorに貼り付けます。

 貼り付けたら、トレースをしますが、そのままトレースすると、モノクロ2階調のデータなので、反転してしまいます。
 なので、[オブジェクト]~>[ ラスタライズ ]一度グレースケールなど加工しやすい形式に変換します。解像度は、300dpiあれば問題なく作成できます。

画像のトレース

 ラスタライズしたら、コントロールバーの[画像をトレース]->[拡張]又は、[オブジェクト]メニューの[画像をトレース]->[作成を拡張]を選択して、画像をアウトライン化します。
 これで一応アウトライン化は出来ましたが、ギザギザが残っていたりするので、より綺麗な形で加工しやすい形に変換します。

もう一度ラスタライズ

 QRコードを綺麗にする前に、白縁が残っていると少々面倒なので、[自動選択ツール]で白のオブジェクトをクリックして、全部削除します。
 削除したら、先程と同じように [オブジェクト]~>[ ラスタライズ ] で、300dpiのグレースケールに変換します。

ドットの数を数える

 ラスタライズしたら、横のドットの数を数えます。
 QRコードは縦横同じ数のドット数なので、横だけ数えれば充分です。
 この画像ではドットの数は25になります。

モザイクオブジェクト

 [オブジェクト]メニューの[モザイクオブジェクトを作成]でラスタライズしたQRコードをモザイクオブジェクト化します。

 タイル数の所に、先程数えたドット数を幅と高さに入力して、OKを押せばモザイク化したQRコードができます。
 作成したモザイクオブジェクトの下には、元の画像が残っているので、忘れずに削除してください。

完成

 モザイク化したQRコードはドットを全部ばらけさせることが出来るので、色をつけるなり、形を変えるなりしてデザインQRを作る事も出来ます。
 誤り訂正レベルによっては、真ん中にロゴ等を入れることも出来ます。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました