キャラクターストーリー

スポンサーリンク
キャラクターストーリー

ミリ :: キャラクターストーリー

時は神話の時代、まだ女神の影が降りていない頃…。 東の大陸の中心には巨大な峰を誇る山々が連なり、その中でも最も高い山は霊山ドリウスと呼ばれていた。 このドリウスには巨大な神殿があった。 荒々しい山脈と濃い霧の中にあった神殿はまるでその存在を...
キャラクターストーリー

デリア :: キャラクターストーリー

暖かい日差しが降り注ぐ秋の日だった。 ある王国の国王と王妃、そして彼らと同じ明るいブロンドの髪をした子供たちが軽やかな足取りで遠足に出掛けていた。 近くには気を張り詰めた兵士たちがゆっくりと周りを警戒しながら護衛しており、久しぶりに家族みん...
キャラクターストーリー

ヘギー :: キャラクターストーリー

子供の頃の思い出はあまり憶えていない。 物心がついた時に、最初に目に入ったのは自分の手首のところに描かれていた刻印だった。 まるで蜘蛛を形象化したかのような、八つの足が描かれた奇妙な刻印だった。 僕はその刻印を見る度に、えもいわれぬ恐怖感に...
キャラクターストーリー

リン :: キャラクターストーリー

鏡を見ながら髪を整えているお姉ちゃんは、眩しいほど美しかった。 お姉ちゃんはかんざしを差しながら忙しく動かしていた手を止め、私に聞いた。 「どう?」 「うん、お姉ちゃんが世界で1番きれい!」 お姉ちゃんは私に微笑みかけた。お姉ちゃんの白...
キャラクターストーリー

ハルク :: キャラクターストーリー

ハルクにとって最初の記憶は、仔馬の鳴き声が響き渡り、星たちが降ってきそうな夜空だった。 たぶんおくるみに包まれて鞍袋に入れられていたんだと思う。 鞍袋の隙間からは天の川が流れる夜空が広がっていた。 おくるみの中は暖かかったが、外の空気はと...
キャラクターストーリー

アリシャ : : キャラクターストーリー

我らの女神モリアンが存在する証が巫女だとしたら 異端が存在する証は魔女だ。 それが、我らが魔女を始末しなければならない最初の理由だ。 男の剣がアリシャの胸を突き刺した。 予想外の攻撃だった。何か怪しいと感じた時、剣先はすでに心臓に触れて...
キャラクターストーリー

ベラ :: キャラクターストーリー

女性はとても退屈そうに見えた。 宿屋の主人は不安げに彼女をちらちらと横目で見ながらホールを掃除していた。 朝の日差しの中、埃がぱらぱらと舞い上がったが、ソファに寝そべっていたその女性はまったく気にしなかった。 それどころか謎の鼻歌まで歌っ...
キャラクターストーリー

カイ :: キャラクターストーリー

男は毎晩、同じ夢を見る。 夢はいつも決まって父の切実な叫びから始まる。 「早く逃げろ!お前だけは必ず生き残るんだ。いいな?約束だぞ!…クァァァッ!」 幼い少年の姿をした男は、壮絶な悲鳴をあとに冷え冷えとした真冬の森を全力で駆け抜ける。 ...
キャラクターストーリー

カロック :: キャラクターストーリー

大陸中心部にあるカイマン川は大陸で最も暑い地域を横切る川だった。 年がら年中雨が降るこの地域は、鬱蒼とした樹木に蔽われて巨大な雨林を形成し、カイマン森という名以外にも緑の迷宮という異名を持った。 ヤシ、マホガニーなど厚い葉を持つ木に覆われ...
キャラクターストーリー

リシタ :: キャラクターストーリー

「どうです?この程度なら、奴隷には使えるでしょう?」 商人は父親が押し出した少年を掴んで、あちこち調べ始めた。 腕が二本、足も二本。大まかに品定めを終えた商人は、父親の手に金貨1枚を投げ出すように渡した。 「これだけですか?」 「小娘は...
キャラクターストーリー

フィオナ :: キャラクターストーリー

 大陸の南部は王国の権力が及ばない巨大な荒れ地だった。その理由は、騎士団が守る南側の国境を越えれば一目瞭然だろう。南部のそびえ立つ高原と切り立った峡谷は、まるで世界が終わってしまったような、敬虔な気持ちを抱かせた。草木一本も生えないほど荒れ...
キャラクターストーリー

イヴィ :: キャラクターストーリー

イヴィは子供の頃から魔法に関して人並み外れた才能を持っていた。 幼い頃、イヴィがふとしたことから小さな魔法の明かりを作った時、父親は彼女に魔法を教えることにした。 魔法は、西部では長い歴史を誇る一つの学問として認められたが、東方の王国では...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました